暁現象とは

暁現象とは

日々、糖尿病と闘っている皆様の中で、「朝起きたら血糖値が異様に高くて驚いた」という経験をお持ちの方はいらっしゃるでしょうか?
人によっては、寝起きの数値が食後の数値を上回っているというケースもあるようです。
糖尿病の方の場合、この現象の原因として考えられるパターンが2種類あります。
そのうちの1つが暁(あかつき)現象です。

通常、人間の体内では就寝中に血糖値を上昇させるホルモン(成長ホルモンやコルチゾールなど)が分泌されています。
健常者の身体であれば、それらに拮抗する量のインスリンも分泌される為、起床時も極端に数値が高まっているようなことはありません。
しかし、インスリンの分泌量に不安のある糖尿病患者の場合は、上昇した血糖値を下げきることができず、起床時に驚くような数値となって現れるのです。

Ⅰ型糖尿病の方、Ⅱ型糖尿病の中でもインスリン依存型に該当する方に多く見られます。

ソモジー効果とは

ソモジー効果とは

起床直後の血糖値上昇について、もう1つ考えられる原因がソモジー効果です。
暁現象と似ている部分もありますが、仕組みは全く別物なので注意しましょう。

ソモジー効果が発生する背景には、夜間の低血糖があります。
就寝中に低血糖となった場合、下がった数値を戻すべく、先述した血糖値を上昇させるホルモンの分泌が活発化されます。
時間をかけて上昇し続けた血糖値が、朝まで維持された結果、起床時に血糖値が高いという状態へ繋がるのです。
寝起きの血糖値が高いだけでなく、身体がだるい、汗をたくさんかいている、といった症状も伴っている場合には、ソモジー効果の疑いがあります。

ちなみに、「ソモジー」はこの現象を発見した人物の名前が由来なのだそうです。

起床時の血糖値上昇を防ぐには

暁現象とソモジー効果では、発生するメカニズムが異なりますので、それぞれに見合った対処方法を検討する必要があります。
まずは、ご自身がどちらに該当するのかを見極めるために、夜間の血糖値の推移を調べてみると良いでしょう。
特に、深夜3時頃の数値を計測すると参考になります。
その時間帯に低血糖が起きていた場合は、ソモジー効果の可能性が高いです。

暁現象への対策としては、インスリンポンプを利用して数値を安定させる他、食事の内容を見直すことでも発生確率を低下させられることがあります。
1日3食の摂取量や栄養バランスを調整しつつ、夕食時に食物繊維を多く含んだメニューを摂ると、血糖値の低下に役立つと言われています。

ソモジー効果については、基礎インスリン量の調整、毎日の食事の時間帯を整える、就寝前に適量のブドウ糖を摂取するなどの対策が有効です。
身体への負担も考慮し、不安があれば早めにかかりつけの医師へ相談してみてください。