糖尿病治療薬紹介

医薬品

グルコバイ

グルコバイ

グルコバイは、Ⅱ型糖尿病の治療薬として利用されるα-グルコシダーゼ阻害薬です。主成分のアカルボースが、糖質を分解する役割を持つ消化酵素α-グルコシダーゼの働きを阻害します。食事によって摂取された糖質の消化や吸収を遅らせ、食後に血糖が急上昇するのを防ぐ作用から、食後過血糖改善剤とも呼ばれるお薬です。食事療法や運動療法または、それらに加えて経口血糖降下薬もしくはインスリン製剤を服用しても十分な血糖コントロールができなかった場合に服用を検討するようにしましょう。

アマリール

アマリール

アマリールは、主に膵臓に作用してインスリンの分泌を促すことにより血糖値を低下させるスルホニル尿素(SU)系の糖尿病治療薬です。インスリンが過剰に分泌されると、血糖値が急激に低下して低血糖を引き起こす恐れもありますが、アマリールは比較的緩やかにインスリン分泌を促進するため、低血糖のリスクが少ないことでも知られています。Ⅱ型糖尿病と診断された上で、食事療法や運動療法では十分な改善効果が得られなかった方に処方されるお薬です。主成分としてグリメピリドを配合しています。

ジャヌビア

ジャヌビア

ジャヌビアは、シタグリプチンリン酸塩水和物を配合したDPP-4阻害薬です。DPP-4は小腸にて生成されるインクレチンというホルモンを分解する酵素であり、その働きを阻害することでインクレチンの血中濃度を高め、インスリンの分泌を促進させたり血糖値の急激な上昇を抑制したりする効果が期待できます。Ⅱ型糖尿病に対して有効な治療薬です。従来の糖尿病治療薬とは根本的に異なる作用機序でアプローチするため、低血糖を始めとする副作用が起きる可能性は低いと言われています。

ゾメット

ゾメット

ゾメットは、ビグアナイド系経口血糖降下剤に分類されるⅡ型糖尿病の治療薬です。メトホルミンを主成分として配合しており、日本ではメトグルコ・ジェネリックの名前でも知られています。体内での糖分の生成(新糖生)を抑制する作用、筋肉や細胞組織における糖分の取り込みを促進する作用、小腸からの糖分の吸収を抑える作用によって血糖値を低下させることが可能です。過去にメトホルミンを配合した一部の医薬品が、発がん性物質の検出により自主回収されたこともありましたが、ゾメットには含まれていません。

サプリメント

オキシタード

オキシタード

オキシタードは、酸化ストレスを軽減させる効果が期待できるサプリメントです。人間の身体には、体内の免疫機能を維持するために必要な活性酸素と、その活性酸素が過剰に産生されて身体に損傷を与えることを防ぐ抗酸化防御機構が共存しています。これらのバランスが崩れた状態が酸化ストレスです。悪化すると糖尿病や心筋梗塞といった生活習慣病に繋がる可能性があります。オキシタードに配合されているアラムやマンゴーには、体内の酸化バランスを整える作用があるので、生活習慣病の予防・改善に効果的です。

メシャシュリンギ

メシャシュリンギ

糖質の吸収や消化を抑制するサプリメントです。商品名にもなっているメシャシュリンギは、ヒンドゥー語で「糖を破壊するもの」という意味を持つ植物であり、摂取した糖質の吸収を調整して血糖値の急激な上昇を防ぐ作用が期待できます。糖質をコントロールできることから、糖尿病を始めとする生活習慣病の予防の他、痩せたいけれど甘いものが好きで止められないという方に向けたダイエットサプリメントとしても人気の商品です。インドの伝統医学アーユルヴェーダを基調に開発・製造されています。

カレラ

カレラ

カレラは、上昇した血糖値を正常値へと近付けるサプリメントです。主成分として配合されているニガウリ(ゴーヤ)がインスリンと似た働きをするため、摂取することで血糖値の低下を促すことができます。他にも消化促進作用や抗酸化作用、むくみの改善作用、血液の浄化作用といった様々な副次的効果があるので、健康にも美容にも気を付けたい方に打って付けです。医薬品のような強い薬用成分は含まれておりませんので、正式に糖尿病と診断されていない方でも安心して使用することができます。

ティノスポラカプセル

ティノスポラカプセル

ティノスポラカプセルは、日本名でイボツヅラフジとも呼ばれるハーブを配合したサプリメント(漢方薬)です。イボツヅラフジには血小板凝縮抑制作用があり、体内の血液をサラサラにして巡りを良くすることで糖尿病を含む生活習慣病の症状を改善する効果が期待できます。腎機能及び肝機能の活性化を促して尿酸値を低下させる作用も持っているため、一般的には痛風の予防や改善に用いられる場合が多いです。製造国であるタイでは、国王が健康維持のために摂取していることでも知られています。